米大手銀ストラテジスト、株式市場が再び下落するリスクは依然として高い=米国株

株式 

NY株式1日(NY時間10:41)
ダウ平均   30523.08(-252.35 -0.82%)
ナスダック   10929.84(-98.90 -0.90%)
CME日経平均先物 25990(大証終比:+160 +0.62%)

 NY株式市場でダウ平均が下げに転じている。日本時間23時に6月のISM製造業景気指数が発表され、53.0と前回から低下した。2年ぶりの低水準。詳細を見ると、雇用が判断基準の50を引き続き下回っているほか、今回は新規受注も50を下回った。一方、仕入価格が大きく低下。新規受注や生産、雇用といった指数は短期的な景気シグナルを発する指数でもあり、市場はリセッション(景気後退)への懸念を強めているが、その懸念を正当化する内容ではある。

 米大手銀のストラテジストによると、投資家はまだ穏やかな景気後退を予想しているに過ぎず、株式市場が再び下落するリスクは依然として高いと指摘した。

 「今年に入ってからの評価損の多くは、FRBの積極利上げとインフレが原因。米国債利回りが低下し始め、景気後退懸念による株式のリスクプレミアムの上昇を相殺しない限り、バリュエーションはさらに低下する可能性がある」としている。

 インフレと利回りの上昇の中で、これまで株高を支えてきたマントラである「株式に代わるものなし」は終了し、「適当な代替策がある」に変化しているとし、企業も物価高騰と消費者心理の悪化という試練に直面し、下半期は業績が圧迫される可能性が高いという。

アップル<AAPL> 135.88(-0.84 -0.61%)
マイクロソフト<MSFT> 255.36(-1.47 -0.57%)
アマゾン<AMZN> 106.81(+0.60 +0.56%)
アルファベットC<GOOG> 2154.69(-32.76 -1.50%)
テスラ<TSLA> 669.78(-3.64 -0.54%)
メタ・プラットフォームズ<META> 155.41(-5.84 -3.62%)
AMD<AMD> 72.91(-3.56 -4.66%)
エヌビディア<NVDA> 145.35(-6.24 -4.12%)
ツイッター<TWTR> 37.12(-0.28 -0.74%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC