デジタル・ワールドが大幅安 ニューヨークの連邦大陪審が召喚状を発行=米国株個別

株式 

 特別買収目的会社(SPAC)のデジタル・ワールド・アクイジション<DWAC>が大幅安。同社はトランプ前大統領のSNS企業トランプ・メディア&テクノロジー・グループ(TMTG)の買収で合意しているが、ニューヨークの連邦大陪審が同社と取締役会メンバーに対して召喚状を発行したことを明らかにした。 

 同社は、司法省と米証券取引委員会(SEC)からの情報要求と関連調査により、予定されていた合併が遅れる可能性があるとしている。召喚状は昨年のSECからの要請に関連するものだという。

 デジタル・ワールドの株価は、トランプ氏が合併計画を初めて発表して以来、乱高下している。3月には約10ドルから97.54ドルまで急騰し、その後は、投資家がトランプ氏のトゥルース・ソーシャルアプリのダウンロードを行ったり、規制問題などを消化するにつれて、先週末には27.82ドルまで下落している。

(NY時間10:30)
デジタル・ワールド<DWAC> 24.86(-2.96 -10.64%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 34
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 62
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 41
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月30日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年7月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC