マーベル・テクノロジーが決算受け上昇 予想を上回る見通しを好感=米国株個別

株式 

 半導体ソリューションを手掛けるマーベル・テクノロジー<MRVL>が引け後に2-4月期決算(第1四半期)を発表し、1株利益、売上高とも予想範囲内となった。粗利益率も予想範囲内に留まっている。ただ、第2四半期のガイダンスを公表しており、予想を上回る見通しを示したことが好感されている。

 アナリストは主要市場、特にデータセンターとキャリア・インフラが好調と指摘。「マクロ環境およびセクター固有の逆風が強まっている時に同社が一貫した成長を継続できるなら、同業他社と比較した評価のディスカウント幅は縮小する」と述べた。成長トレンド、利益率の改善、キャッシュリターンの向上を考慮し、引き続き株価は上昇を見込むとしている。

(2-4月・第1四半期)
・1株利益(調整後):0.52ドル(予想:0.51ドル)
・売上高:14.5億ドル(予想:14.3億ドル)
  データセンター:6.40億ドル(予想:6.01億ドル)
  コンシューマー:1.78億ドル(予想:1.89億ドル)
  キャリア・インフラ:2.52億ドル(予想:2.48億ドル)
  ネットワーク:2.87億ドル(予想:2.99億ドル)
  自動車・産業:0.89億ドル(予想:0.86億ドル)
・粗利益率(調整後):65.5%(予想:65.5%)

(5-7月・第2四半期見通し)
・1株利益(調整後):0.53~0.59ドル(予想:0.55ドル)
・売上高:14.7~15.6億ドル(予想:14.9億ドル)
・粗利益率(調整後):65.0~65.5%(予想:65.4%)

(NY時間10:29)
マーベル・テクノロジー<MRVL> 59.33(+2.34 +4.10%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 33
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 39
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 30
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月30日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年7月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標