FOMC直後はドル買いも、その後ドル売り広がる

見通し 

FOMC直後はドル買いも、その後ドル売り広がる

経済成長に前向き評価も、慎重姿勢は崩さず

議長会見でも慎重姿勢が印象的に

*************************************

【東京市場】豪CPIはほぼ予想通り

 ドル円は109円台後半での推移が続いた。
前日の海外市場で株安を受けたリスク警戒の動きもあって109円50銭台まで値を落とす場面が見られたが、
この後NY市場午後に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることもあり、
東京市場ではポジション調整の買い戻しが当初は優勢に。
前日の欧州、米国の株安を受けて寄り付きから大きく値を落とした日経平均が、
下げ幅を縮めたことも序盤の買いにつながり、109円91銭まで買い戻しが入る場面が見られた。
 もっとも上昇一服後はやや頭の重い展開に。
110円手前の売りを崩す勢いが見られず、109円80銭を割り込む動きに。

 10時半に第2四半期豪消費者物価指数が発表された豪ドル
は第1四半期からの上昇が期待されていたこともあり、発表前に少し上昇も、
ほぼ事前予想通りの結果に値を戻す動き。その後午後にはいて豪ドル売りの場面も0.7350割れまで。

【ロンドン市場】FOMC待ち

 FOMCを控えていることもあり、大きな方向性が見られずもみ合いに。
ドル円は東京午後の109円70銭台への下げから、少し買い戻しが入り、110円台に乗せる動きを見せた。

【NY市場】FOMC後いったんは上昇も値を落とす

 FOMCは政策金利・量的緩和の現状維持を決定。
注目された声明で「経済は資産購入ペース縮小基準の目標に向け進展」との言及があり
今後のテーパリング期待を強める形でいったんはドル買い。
ドル円は110円20銭台まで上値を伸ばす格好となった。
もっとも、物価上昇は一時的との姿勢を崩さず、
慎重な姿勢が見られたことで、その後ドル売りに。
パウエル議長会見でも慎重姿勢が目立ったことで、ドル円は109円台後半に値を落とした。

 ユーロドルも1.1770台へのユーロ売りドル買いから、一転して1.1850近くまでのドル売りに。 

【本日の見通し】ドルの重さを意識、米GDPに注意

 注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)での声明・会見は経済成長について
一定の前向き評価が見られたが、特に会見での慎重な姿勢が意識され
ドル買いの動きが限定的に。
この後のを受けての市場ではFOMC直後の高値を超えていくような動きには慎重になりそうで
109円台後半でのレンジ取引を中心に
110円台トライでも110円台前半どまりか。

 下のターゲットは109円台半ば。ただ米第2四半期GDP速報値を前に
突っ込んだ売りも避けたいところ。
GDPはかなりしっかりとした数字が見込まれるが、予想を下回った場合は109円台半ば割れの材料にも。

【本日の戦略】押し目買い

 少し頭が重い印象で少し押し目がありそう。
目先は押し目は買いに回ってみたい印象で109円台半ばまでは買い下がり、
しっかり割り込むとストップという流れを意識。
デイトレはレンジを決めての回転。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/28 水曜日》
   ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  109.78  1.1817  129.72
高値  110.28  1.1850  130.24
安値  109.74  1.1773  129.63
終値  109.91  1.1845  130.19
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/28 水曜日の主要株式指数》
日経  27581.66 -388.56
DOW   34930.93 -127.59
S&P    4400.64 -0.82
Nasdaq  14762.58 +102.00
FTSE   7016.63 +20.55
DAX   15570.36 +51.23
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/28 水曜日の商品市場》
NY原油先物9月限(WTI)(終値)
1バレル=72.39(+0.74 +1.03%)
NY金先物12月限(COMEX)(終値)
1オンス=1804.60(+0.60 +0.03%)
+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《7/28 水曜日に発表された主な経済指標》

【豪州】
消費者物価指数(2021年第2四半期)10:30
結果 0.8%
予想 0.7% 前回 0.6%(前期比)
結果 3.8%
予想 3.7% 前回 1.1%(前年比)
結果 0.5%
予想 0.5% 前回 0.4%(0.3%から修正)(刈り込み平均・前期比)
結果 1.6%
予想 1.6% 前回 1.1%(刈り込み平均・前年比)
結果 0.5%
予想 0.5% 前回 0.4%(加重平均・前期比)
結果 1.7%
予想 1.7% 前回 1.3%(加重平均・前年比)

【日本】
景気動向指数(確報値)(5月)14:00
結果 102.6
予想  前回 102.6(景気先行指数)
結果 92.1
予想  前回 92.7(景気一致指数)

【英国】
ネーションワイド住宅価格指数(7月)15:00
結果 -0.5%
予想 0.3% 前回 0.7%(前月比)
結果 10.5%
予想 11.9% 前回 13.4%(前年比)

【ユーロ圏】
ドイツGfK消費者信頼感調査(8月)15:00
結果 -0.3
予想 1.0 前回 -0.3(Gfk消費者信頼感)

【米国】
MBA住宅ローン申請指数(07/17 – 07/23)20:00
結果 5.7%
予想 N/A 前回 -4.0%(前週比)

卸売在庫(速報値)(6月)21:30
結果 0.8%
予想 1.1% 前回 1.3%(前月比)

FRB政策金利 29日3:00
結果 0.0%-0.25%
予想 0.0%-0.25% 現行 0.0%-0.25% 

【カナダ】
消費者物価指数(6月)21:30
結果 0.3%
予想 0.4% 前回 0.5%(前月比)
結果 3.1%
予想 3.2% 前回 3.6%(前年比)

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/28 水曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【米国】
*FOMC声明
経済は資産購入ペース縮小基準の目標に向け進展。
国内外の常設レポファシリティーを創設。
インフレは上昇。概ね一時的要因を反映。
経済活動と雇用は力強さを持続。
パンデミックで大きな打撃を受けたセクターは十分回復していない。

*パウエル議長
実質GDPはこの数十年で最も早いペースで回復の過程。
最も悪影響を受けたセクターは改善されている。
ただ、十分ではない。
住宅市場は非常に力強いまま。
労働市場状況は改善。求人は力強い。
ボトルネックの影響は想定より大きかった。
FRBは債券購入調整に関する考慮事項を見直した。
資産購入を変更する時期はデータ次第。
われわれは雇用の実質的進展からはかけ離れている。
FOMCは目標に向けた進展を評価し続けている。
FOMCは考えていることをより明確にする。
われわれは実質的なさらなる進展にはいない。
デルタ株の影響は強く感じてはいないが、監視はしている。
デルタ株は多くの人に重大な健康上の被害をもたらす。
ただ、各ウイルスからの経済的影響はほとんど見られていない。
インフレの大半は経済再開に関連する一時的な要因。
インフレは時間の経過とともに低下する。
短期的には、恐らく上方へのリスク。
インフレが目標を持続的に上回った場合は手段を使用。
完全雇用ではないが、インフレは高い。
最大雇用に向けて順調に進展しているように感じている。
別の感染の影響を受ける可能性があり、しばらく待って確認する必要。
フレームワークが試されるのは利上げを考える局面。 
理想的な資産購入や利上げはない。
求人数が多い一方で失業率がこれほど高いのは異例。
雇用を圧迫している要因は弱まる。
デルタ株について、われわれは警戒するしかない。
資産購入ペース縮小の特定の時期はなく、決定も行われていない。
FOMCメンバーは資産購入ペース縮小の時期についてさまざまな
見解を持っている
有意義な会合だったが資産購入ペース縮小の時期は決定せず。
+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【ユーロ圏】
ドイツ失業者数(7月)16:55
予想 -2.9万人 前回 -3.8万人

ドイツ失業率(7月)16:55
予想 5.8% 前回 5.9%

ユーロ圏景況感(7月)18:00
予想 118.4 前回 117.9

ユーロ圏消費者信頼感・確報値(7月)18:00
予想 N/A 前回 -4.4

ドイツ消費者物価指数・速報値(7月)21:00
予想 0.6% 前回 0.4%(前月比)
予想 3.2% 前回 2.3%(前年比)

ドイツ調和消費者物価指数・速報値(7月)21:00
予想 0.4% 前回 0.4%(前月比)
予想 2.9% 前回 2.1%(前年比)

【南アフリカ】
生産者物価指数(6月)18:30
予想 0.4% 前回 0.4%(前月比)
予想 7.3% 前回 7.4%(前年比)

【米国】
実質GDP・速報値(第2四半期)21:30
予想 8.5% 前回 6.4%(前期比年率)

GDPデフレータ・速報値(第2四半期)21:30
予想 5.4% 前回 4.3%(前期比年率)

PCEコアデフレータ・速報値(第2四半期)21:30
予想 6.1% 前回 2.5%(前期比年率)

個人消費・速報値(第2四半期)21:30
予想 10.5% 前回 11.4%(前期比年率)

新規失業保険申請件数(24日までの週)21:30
予想 38.5万件 前回 41.9万件(前週比)

中古住宅販売成約指数(6月)23:00
予想 0.2% 前回 8.0%(前月比)

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆

執筆者 山岡和雅

執筆者 : 山岡和雅|MINKABU PRESS 外国為替情報担当 編集長

1992年米チェースマンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)東京支店入行、ディーリングルームに配属され、外国為替ディーラーに。英ナショナルウェストミンスター銀行、RBS銀行などで10年以上外国為替ディーラーとして市場の最前線に。その後大手FX会社などで外国為替市場のアナリストとして個人向けの外国為替情報の配信業務に携わり、2016年3月から、みんかぶグループに参画。 (社)日本証券アナリスト協会検定会員

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC