リスク回避のドル高・円高が強まり、ドル円は一時104.10円付近まで下落=NY為替

為替 

 きょうの市場はリスク回避の雰囲気が強まっている。そのような中で為替市場ではドル高・円高の動きが強まり、その中でも円高がやや優勢となっており、ドル円は下値模索の展開を見せている。一時104.10円付近まで下落し、目先の下値サポートとして意識されている9月安値の104円割れを試す動きも見られた。リスク回避のドル買いも見られることから、いまのところは104円台は維持しているものの、下向きの流れが続いている。

 特段の材料が出たわけでもなく、市場が警戒感を強めている要因は米国での感染第3波が拡大、米大統領選前の追加経済対策の合意困難、そして、来週の米大統領選への不透明感のようだ。米大統領選前の月末接近でポジション調整の動きが加速している模様。

 米感染第3波の拡大については、過去1週間の新規感染者数の平均は6万9967人と過去最多に拡大しているほか、36の州で入院患者が5%以上拡大している。イリノイ州ではシカゴの飲食店に対して屋内でのサービスを中止するよう要請するなど、移動制限も再実施されており、経済への影響を不安視している。

 また、米大統領選については、開票後に次期大統領がすんなりと決まらない空白期間が出るのではとの不安が広がっており、投資家はポジションをいったん手仕舞うか、ヘッジの動きを増やしているとの声も聞かれる。

 ドル円は104.10円付近まで下値を切り下げているが、テクニカル勢からは、104円水準を完全にブレイクすれば、底割れとなり、トラップドア効果から、102円台まで一気に下落するリスクもあるとの声も聞かれる。しかし、短期筋の急速なショート・ポジションの積み上がりも想定され、ショートカバーのきっかけになるとの見方もあるようだ。

USD/JPY 104.30

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標