米大統領選翌日11月4日時点でドル円が105円超の確率は64.5%に低下

為替 

 米大統領選翌日11月4日時点で、ドル円が105円を上回っている確率は64.2%(先週末67.7%)、下回っている確率は35.8%(先週末32.3%)となっている。オプション取引から算出。今週のドル円は一時105円割れを試したこともあり、投資家は下落リスクへの意識をやや強めたことが示されている。

 今週は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)がワクチンの臨床試験の中断を発表したことで、ワクチンの早期開発への期待が後退していたほか、依然として米追加経済対策の協議に出口が見えず、ムニューシン米財務長官の「大統領選前に何かを成し遂げるのは難しい」との発言もあり、市場は早期合意への期待感を後退させていた。

 市場のモメンタムが低下する中、ドル円は下値を試した格好となったが、ドルと円が同じ方向に動いている中で、ショート勢も105円割れでの押し目買いを警戒したのか、下値を攻めきれずに105円台を堅持している。

 11月3日の米大統領選に向けて105円割れの可能性は十分に留意される状況に変化はないが、105円を割り込んだとしても、下値での押し目買いが活発に出ることも期待され、少なくとも100円に向かって一気に進むような悲観的なムードまではない。

◆米大統領選翌日11月4日時点でのドル円の各ポイントの確率
108.00円超:3.8%(8.1%) ()は先週末  
107.00円超:13.6%(20.2%)
106.00円超:36.0(42.9%)
105.40円(週末終値)
105.00円超:64.5%(67.7%)
105.00円未満:35.5%(32.3%)
104.00円未満:16.8%(16.6%)
103.00円未満:7.8%(8.8%) 

◆12月31日時点でのドル円の各ポイントの確率
108.00円超:20.0%(23.9%)   
107.00円超:31.7(35.6%)
106.00円超:45.8(48.9%)
105.40円(週末終値)
105.00円超:59.7(61.7%)
105.00円未満:40.3(38.3%)
104.00円未満:28.7%(27.9%)
103.00円未満:20.3%(20.3%) 

※ドル円のオプション取引から算出

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

DMM FX 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

YJFX! 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

GMOクリック証券 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 51

ドル円 7
豪ドル円 4
トルコリラ円 21

DMM FX 48

ドル円 8
豪ドル円 4
トルコリラ円 ---

みんなのFX 48

ドル円 7
豪ドル円 4
トルコリラ円 21
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標