9月相場はキャリー取引派が活発に、メキシコペソ円取引が急増=ロンドン為替

為替 

9月相場はキャリー取引派が活発に、メキシコペソ円取引が急増=ロンドン為替

 東京金融取引所が1日発表した9月の外国為替証拠金取引(FX取引)「くりっく365」の取引数量は、前月比21.9%増の208万5318枚(1日平均9万4790枚)だった。前年同月比では24.3%増。

 個別通貨ペアでは、メキシコペソ円が50.5%と急増したほか、南アランド円も86.7%と大幅に伸びた。一方、トルコリラ円は22.5%増にとどまった。ちなみに、変動が小さかったドル円は21.1%減と冴えなかった。

 いわゆる高金利志向のキャリー取引派の動きが活発となったが、地政学リスクを抱えるトルコリラ取引を回避する傾向があるなど、通貨ごとの選別が鮮明だった。投資家の情報に対する感応度の高まりが示されているようだ。

MXN/JPY 4.8061 ZAR/JPY 6.3615 TRY/JPY 13.767

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標