シカゴ連銀総裁 失業率は年末に7~7.5%、21年末に5.5%を見込む

要人発言 

 エバンス・シカゴ連銀総裁の発言が伝わり、財政支援を条件に「失業率は年末に7~7.5%、21年末に5.5%を見込む」と述べた。

・経済がパンデミック前の90%まで戻したことは驚き。
・ウイルス抑制に向け財政支援が用意されている。
・失業率は年末に7~7.5%、21年末に5.5%を見込む。
・失業率の見通しは財政支援が前提。
・より多くの国民が失業し、需要が減退することに懸念。
・財政支援が無ければ景気後退は大打撃。
・ファンダメンタルズを支援する追加財政支援は非常に重要。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標