シェブロンが下落 この30年間で最悪の最終損失を計上=ダウ採用銘柄

株式 

 シェブロンが下落。4-6月期決算を発表しており、少なくともこの30年間で最悪の最終損失を計上した。パンデミックがエネルギー市場に大混乱をもたらし、収益が引き続き悪化する可能性も警告している。

 同社は、ベネズエラ事業を帳簿から完全に切り離した。米国による同国への制裁により事実上凍結された格好だが、それに伴い26億ドルの評価減を計上したほか、資源価格下落により、さらに18億ドルの評価減も計上している。

 同社は声明で「需要と商品価格は回復の兆しを見せているが、パンデミック前の水準には戻しておらず、業績は第3四半期まで引き続き落ち込む可能性がある」と述べた。

(4-6月・第2四半期)
・1株損益(調整後):-1.59ドル(予想:-0.90ドル)
・売上高:160億ドル(予想:217億ドル)
・上流部門損益:-60.9億ドル
・下流部門損益:-10.1億ドル

(NY時間10:12)
シェブロン 82.65(-3.62 -4.20%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC