アジア株 総じて上昇、香港株は続落

株式 

東京時間18:02現在
香港ハンセン指数   19830.52(-210.34 -1.05%)
中国上海総合指数  3277.89(+1.80 +0.05%)
台湾加権指数     15420.57(+3.22 +0.02%)
韓国総合株価指数  2533.52(+5.58 +0.22%)
豪ASX200指数    7105.39(+41.05 +0.58%)
インドSENSEX30種  59778.87(+316.09 +0.53%)

 16日のアジア株は総じて上昇。前日の米株高や中国の景気対策期待に支えられた。
    
 上海総合指数は小幅高。序盤に7月28日以来の高値水準にいったん上昇したが、その後値を削った。不動産開発会社の四川迪康科技薬業、鉄鋼製品メーカーの宋都基業投資などが買われた一方、特殊医薬品メーカーの上海復旦張江生物医薬(シャンハイ・フーダン・ジャンジアン・バイファーマシューティカル)、医療製品メーカーの無錫薬明康徳新薬開発(ウーシー・アップテック)などが売られた。
    
 香港ハンセン指数は続落。上昇のあとマイナスサイドに沈み、一時1.8%を超える下げとなった。オンライン生活関連サービス企業のメイトゥアン、通信機器・部品メーカーの小米集団(シャオミ)、医療サービス会社のアリババ・ヘルス・インフォメーション・テクノロジー、中国の石油・天然ガス大手の中国海洋石油(CNOOC)、ビールメーカーの華潤ビール(チャイナリソーシズビール)などが売られた。
    
 豪ASX200指数は続伸。序盤に6月8日以来の高値水準に一時上昇したあと、伸び悩んだ。娯楽サービス会社のイベント・ホスピタリティ・アンド・エンターテインメント、世界的な鉱業会社のBHPグループ、包装資材メーカーのアムコア、保険会社のNIBホールディングス、鉄道貨物会社のオーリゾン・ホールディングスなどが買われた。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 71
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 76
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 58
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーンを行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年9月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標