【新興国通貨】振幅も中南米通貨高がやや優勢~メキシコペソ

為替 

【新興国通貨】振幅も中南米通貨高がやや優勢~メキシコペソ

 先週末の中南米市場ではブラジルレアル買いなどが主導でやや中南米通貨買いの動き。ドルペソも米株の買い戻しが見られたロンドン市場からNY朝にかけてのリスク選好の流れの中でいったん19.96前後から19.83前後まで値を落とす場面が見られた。その後米株に大きな売りが入り、世界的にリスク警戒感の継続が意識される中で19.94前後までドル買いペソ売りの動きも、引けにかけた米株の買い戻しに19.84台を付けて週の取引を終えた。

 対円でもいったんは上昇が目立ち6円46銭前後まで上昇も、その後のペソ売りの動きに6円41銭台まで下落も、引けにかけた買い戻しに6円44銭台まで。

MXNJPY 6.448

 

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC