ダウ平均は3日続落 FOMCはタカ派との印象=米国株後半

株式 

NY株式16日(NY時間15:55)
ダウ平均   34058.33(-241.00 -0.70%)
S&P500    4234.89(-11.70 -0.28%)
ナスダック   14051.30(-21.56 -0.15%)
CME日経平均先物 29370(大証終比:+120 +0.41%)

 NY時間の終盤に入ってダウ平均は一時382ドル安まで下げ幅を広げる場面がみられた。午後になってFOMCの結果が発表され、株価を押し下げている。

 FOMCメンバーの金利見通し(ドット・プロット)が公表されていたが、メンバーの投票の中央値は、23年末までに2回の利上げを見込んでいる。これはタカ派な印象となったようだ。

 また、パウエル議長が会見ではインフレ上昇は一時的との見方を繰り返していた一方、労働市場については予想以上に楽観的にみている印象が強かった。ただ、市場が最も注目していた資産購入ペース縮小の議論については「議論することについて議論」と述べるに留まり、また、「ドット・プロットは割り引いて見るべき」とも述べていた。

 もう少しデータを確認したい意向も示しており、利上げにしろ、資産購入ペース縮小にしろ、開始には慎重さを滲ませていた印象もある。しかし、市場は資産購入ペース縮小に一歩近づいたとの見方も強く、全体的には利上げ開始予想も含めて、今回のFOMCは予想以上にタカ派と受け止めのようだ。

 エネルギーや産業が下落した一方、序盤は下落していた銀行株の一角には買い戻しも入った。一方、IT・ハイテク株は半導体などハイテク分野は売られているものの、IT分野には買いも入っている。

 ダウ採用銘柄ではダウ・インクや3M、ボーイング、ハネウェルが下落したほか、ウォルグリーンやウォルマートも売りに押された。一方、メルクやJPモルガンが買われている。

 ナスダックも一時1%超下落したものの、引けにかけて下げ渋る動きも見られ、小幅安に留まっている。

 オラクルが下落。前日引け後に決算を発表しており、底堅い内容だったものの、同社のクラウド事業に期待感を高めていた投資家にとっては、更なる株価上値追いには不十分との受け止めのようだ。

 スマート製品やIoTなどのソリューションや販売を手掛けるフォワード・インダストリーズ<FORD>が大幅高。鍵や財布などの忘れ物や紛失物などの追跡用タグを手掛けるスロベニアのチポロ社と米国での追跡製品の販売で提携することで合意した。

 オンラインゲームのロブロックス<RBLX>が下落。5月の月次ガイダンスを公表しており、ブッキングが前月から減少したほか、1日アクティブユーザー(DAU)も前月から1%減少する見通しを明らかにした。

 GM<GM>が続伸。同社は2025年までに電気自動車や自動運転に最大350億ドルまで設備投資を拡大する。昨年終盤に示した額よりも30%増額した。

 衛星放送のディッシュ・ネットワーク<DISH>が続伸。アナリストが投資判断を「買い」に引き上げ、目標株価も60ドルに引き上げた。

オラクル 77.11(-4.53 -5.55%)
フォワード・インダストリーズ 3.15(+0.42 +15.38%)
ロブロックス 82.99(-6.81 -7.58%)
GM 61.89(+1.08 +1.78%)
ディッシュ 41.30(+1.14 +2.83%)

アルファベット(C) 2515.88(-4.78 -0.19%)
フェイスブック 331.33(-5.42 -1.61%)
ネットフリックス 492.65(+0.75 +0.15%)
テスラ 606.48(+7.12 +1.19%)
アマゾン 3421.52(+38.39 +1.13%)
エヌビディア 712.96(+1.42 +0.20%)
ツイッター 59.97(-0.26 -0.43%)

ダウ採用銘柄
ユナイテッドヘルス 397.28(-3.01 -0.75%)
メルク 76.65(+0.95 +1.25%)
マクドナルド 235.30(-1.05 -0.44%) 
マイクロソフト  257.43(-0.93 -0.36%)
ホームデポ 302.95(-3.50 -1.14%)
ボーイング 242.50(-4.04 -1.64%) 
ベライゾン 56.66(-0.64 -1.11%)
ビザ 229.38(-3.60 -1.55%) 
ハネウェル  219.20(-3.30 -1.48%) 
ナイキ 130.53(+0.24 +0.18%)
トラベラーズ  152.84(-1.78 -1.15%)
ディズニー 174.88(-0.98 -0.56%) 
ダウ・インク 65.59(-1.64 -2.43%)
セールスフォース  242.35(-0.23 -0.09%) 
シスコシステムズ 53.52(-0.27 -0.50%)
シェブロン 109.65(-0.65 -0.59%) 
コカ・コーラ 54.74(-0.67 -1.21%) 
ゴールドマン  371.76(+0.46 +0.12%)
キャタピラー  217.54(-1.92 -0.87%) 
ウォルマート 137.26(-2.75 -1.96%)
ウォルグリーン 53.35(-0.87 -1.60%) 
インテル 57.27(-0.72 -1.24%)
アメックス 165.02(-1.25 -0.75%) 
アムジェン 239.60(-0.28 -0.12%)
アップル  130.27(+0.63 +0.49%)
P&G 132.93(-1.72 -1.28%)
JPモルガン 156.58(+1.40 +0.90%)
J&J 164.51(+0.02 +0.01%)
IBM 148.02(-1.34 -0.90%)
3M 196.97(-3.64 -1.81%) 

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 0
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ -5
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標