スノーフレイクが投資家説明会受け下落 ただ、保守的との指摘も=米国株個別

株式 

 クラウドを活用したビッグデータの保管分析サービスを手掛けるスノーフレイク<SNOW>が下落。前日に投資家説明会を開催しており、やや失望売りが出ている。アナリストからは利益率の目標が期待外れだったとし、同社のバリュエーションについても慎重にみているようだ。

 しかし、同社の10%の営業利益率と30%の売上高の伸びという長期目標は、新製品の勢いを考慮すると保守的に見えるとの意見も多く聞かれた。

(NY時間10:20)
スノーフレイク<SNOW> 239.62(-9.18 -3.69%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC