NY時間に伝わった発言・ニュース

一般 

※経済指標
【米国】
非農業部門雇用者数(2月)22:30
結果 37.9万人
予想 20.0万人 前回 16.6万人(4.9万人から修正)

失業率
結果 6.2%
予想 6.3% 前回 6.3%

平均時給
結果 0.2%
予想 0.2% 前回 0.1%(0.2%から修正)(前月比)
結果 5.3%
予想 5.3% 前回 5.3%(5.4%から修正)(前年比)

民間部門雇用者数
結果 46.5万人
予想 20.0万人 前回 9.0万人(0.6万人から修正)

製造業雇用者数
結果 2.1万人
予想 1.5万人 前回 -1.4万人(-1.0万人から修正)

週平均労働時間
結果 34.6
予想 34.9 前回 34.9(35.0から修正)

労働参加率
結果 61.4%
予想 61.4% 前回 61.4%

貿易収支(1月)22:30
結果 -682.0億ドル
予想 -675.0億ドル 前回 -670.0億ドル(-666.0億ドルから修正)

【カナダ】
国際商品貿易(1月)22:30
結果 14.1億カナダドル
予想 -14.0億カナダドル 前回 -19.8億カナダドル(-16.7億カナダドルから修正)

Ivey購買担当者景況感指数(2月)00:00
結果 60.0
予想 N/A 前回 48.4

※発言・ニュース
カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁
・雇用はパンデミック前の水準への回復が必要。
・インフレについては懸念していない。
・もし、インフレが上昇し出したら、FRBには手段がある。

ブラード・セントルイス連銀総裁
・ツイストオペは想定していない。
・見通し改善が実質利回りを押し上げている。
・10年債利回りはパンデミック前のレベルに戻っている。
・無秩序な取引は懸念。しかし、その時ではない。
・年末までにインフレは2%を超えると見込む。
・FRBの政策はインフレの影響力を弱める可能性。
・2021、22年は以前よりも強いインフレ上昇が見られる可能性。
・FRBの目標を0.5%上回っても問題はない。

ボスティック・アトランタ連銀総裁
・米国の総失業率は10%に近い。
・影響の不均一性はこの危機の特徴。
・経済は何よりもウイルス次第。

メスター・クリーブランド連銀総裁
・債券市場は直近の指標を反映。
・米雇用統計は物事が正しい方向に向いていることを示唆。
・FRBは依然として目標から遠い。
・しばらくは緩和継続が必要。

65歳以上の米国民の約55%が1回目のワクチン接種
 ホワイトハウスで感染症対応上級顧問を務めるスラヴィット氏は65歳以上の米国民の約55%が1回目のワクチン接種を受けたと述べた。8200万回以上の接種がすでに実施されているという。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC