米国の小売業はコロナの影響を当面受け続ける見通し=WSJ

一般 

 米国のホームセンター大手ホームデポ、ならびに百貨店運営のメイシーズの幹部が、米国における小売業を取り巻く環境に関して、コロナの影響は当面続くとの見方を示していると、米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)にて伝えられている。

 両社の幹部は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って変化した小売店での販売傾向は2021年まで続くとの見通しを示し、住宅リフォームや家庭用品の需要は伸びるだろうと語った。また、ワクチン接種の状況によっては、個人消費が今年の下半期にシフトする可能性があると述べた。

 2社の収益は対極にある。米国人が住宅の修理や改修により多くの時間とお金を費やしたため、ホームデポの収益は直近の会計年度で20%増加。一方、メイシーズの年間売上高は、消費者が仕事を含む外出のために購入する衣料品が少なくなったため、30%近く下落した。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 0
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC