NY時間に伝わった発言・ニュース

一般 

※経済指標
【米国】
S&Pケースシラー住宅価格(20都市)(12月)23:00
結果 10.1%
予想 9.9% 前回 9.2%(9.08%から修正)(前年比)

コンファレンスボード消費者信頼感指数(2月)00:00
結果 91.3
予想 90.0 前回 88.9(89.3から修正)

※発言・ニュース
パウエルFRB議長
・年内の見通し改善が示唆されている
・目標に向け長い道のり。一段の進展には一定の時間。
・失業率は依然として高い。回復は減速。
・サービス業への消費はなお低水準。商品への消費は拡大。
・悪影響が大きかった一部セクターでの物価は特に低い。
・FRBはすべての範囲の手段を使用。
・この3カ月、さらに顕著な進展は見られない。
・完全回復にはまだ長い道のり。
・債券購入の変更は事前に通知する。
・ベース効果でインフレは一時的に上昇。
・インフレ上昇が継続するほどの消費増加を見ていない。
・正当化されないインフレへの対処手段を持っている。
・現在は多くの要因が市場を動かしている。
・一部の市場の強さは経済見通しを反映。
・最低賃金に見解はない。
・インフレは向こう1年程度に大きく変動すると予想。
・ただ、それらも影響は大きく、または持続も見込んでいない。
・インフレは問題になる水準まで上昇すると見ていない。
・米国債利回りの上昇は成長とインフレの上昇見通しによるもの。
・デジタル通貨発行の是非は慎重に検討中
・FRBによるデジタル通貨発行の是非は慎重に検討中。
・デジタル通貨は非常に優先度の高いプロジェクト。

米2年債入札結果
最高落札利回り 0.119%(WI:0.118%)
応札倍率    2.44倍(前回:2.67倍)

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC