アップルが前日の下げ取り戻す 引け後のクックCEOのコメントに期待か=ダウ採用銘柄

株式 

 きょうのNY株式市場は、引け後にGAFAと呼ばれる巨大IT企業4社の決算発表が控える中、IT・ハイテク株に買い戻しが膨らんでおり全体相場をけん引している。その中でもアップルの上げが顕著となっている。アップルは引け後に7-9月期決算(第4四半期)を発表するが、市場の注目は何と言ってもアイフォーン12の販売動向だ。4機種のうち2機種が10月から発売が開始されている。

 7-9月の数字には反映されないことから、通常であればガイダンスから探るのだが、欧米で再度感染拡大が確認される中で、今回も恐らくガイダンスは示されないものと見られている。その中で頼りはやはり、クックCEOのコメントとなろう。

 市場では年末のホリデーシーズンに向けて、5G対応のアイフォーン12に非常に強気な見方をしている。一部のアナリストからは好調なスタートを切っているとの調査も出ており、複数年に渡る上昇サイクルの始まりとも指摘していた。

 アイフォーン全体の販売台数に対する市場のコンセンサスは、7-9月期の3800万台に対して、10-12月期は7660万台が見込まれている。平均販売価格も7-9月期の697ドルから、10-12月期には813ドルに急上昇し、アイフォーン12の効果がかなり期待されているようだ。きょうのクックCEOのコメントがその期待を裏付けるか注目される。

(NY時間14:44)
アップル  116.52(+5.32 +4.78%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ -20
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC