ドル全面安、ユーロドル一時1.19台

見通し 

ドル全面安、ユーロドル一時1.19台

ドル円は105.32円まで、ドル安と円安の動きに

ユーロ円は125円台半ば超えまで

【東京市場】ドル円もみ合い

 ドル円は午前中に105円51銭を付ける動き。ドル売りの動きが継続しており、頭の重い展開に。
もっとも3日の安値自体は割り込んだものの、意識されている105.50を割り込まずにもみ合いとなっており、
依然としてレンジ内という印象。
 安値を付けた後は少し戻しているが、105.70を付けきれておらず、安値圏の狭いレンジでもみ合っている。

 ユーロドルでもドル安が進み1.1820台まで。その後は1.18台前半推移が続いている。
大台を維持しての推移でドル安の意識も突っ込んだユーロ買いドル売りには慎重。

 朝の雇用統計が強めに出たNZドルは、70円割れから70円25銭まで上昇後もみ合いが続く展開。
雇用の強さも、世界経済の低迷からの輸出鈍化懸念などが重石となっており積極的なNZドル買いにはつながらず。

【ロンドン市場】ドル安円安

 株高の動きがドル安円安に。
ユーロドルは125円台半ばへ上昇などクロス円がしっかり。
ドル円はもみ合い。
欧州PMI改定値はいまいちさえないもののポイントである50を超えており反応は限定的。
ユーロドルは1.1800前後がしっかりとしており、その後かいが入り一時1.1860台まで。

【NY市場】ユーロ高ドル安加速

 ユーロドルが一時1.19台を付ける動き。
ドル全面安の流れの中でドル円も105円32銭を付けたが、
クロス円の買いもあって、105円台半ばを回復。
ロンドン市場で125円台を付けたユーロ円は125円台半ばに。
米株高の動きがリスク選好のドル安円安を誘った。

 6日に英中銀金融政策会合を控えるポンドはユーロなどの上昇に乗り切れず
基本はしっかりも、売りが出る場面が見られた。

【本日の見通し】ドル安意識

 ユーロドルが再び1.19台を付けるなどドル全面安基調が復活。
ドル円は105円台前半までと、これまでの動きに比べるとドル売り円買いの動きがおとなしく
その分ユーロ円が125円台半ば超えを付けるなどの動きに。

 米株高などがリスク選好でのドル安円安という流れに。
クロス円は比較的しっかり。
もっともユーロドルが心理的な節目である1.20超えを意識する展開になると、
ドル円も厳しい状況に。
米景況感に改善が著しいが、ADPの数字が一息となったように
明日の雇用統計についてはやや警戒感のみられる状況だけに、
米FRBの緩和維持姿勢は長期化するとみられており、
ドル安傾向は当面継続しそうなだけに、
ドル円も再び105円台半ば割れから104円台を意識。

【本日の戦略】ドル円は戻り売りか

 ドル円は下方向を意識。
アジア市場では株高からの円安も、基調はドル安か。

 ポンドは一部で期待される今後の追加緩和示唆が見られると一気に下落もあるだけに
やや神経質な動きとなりそう。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《8/5 水曜日》
   ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  105.72  1.1803  124.77
高値  105.87  1.1905  125.51
安値  105.32  1.1793  124.64
終値  105.60  1.1863  125.28
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《8/5 水曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  22514.85 -58.81
DOW   27201.52 +373.05
S&P    3327.77 +21.26
Nasdaq  10998.40 +57.23
FTSE   6104.72 +68.72
DAX   12660.25 +59.38
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《8/5 水曜日の商品市場》
NY原油先物9月限(WTI)(終値)
1バレル=42.19(+0.49 +1.18%)
NY金先物12 月限(COMEX)(終値)
1オンス=2049.30(+28.30 +1.40%)
-+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《8/5 水曜日に発表された主な経済指標》

【NZ】
失業率(第2四半期)7:45
結果 4.0%
予想 5.6% 前回 4.2%

【シンガポール】
小売売上高(6月)14:00
結果 51.1%
予想  前回 -21.4%(-21.5%から修正)(前月比)
結果 -27.8%
予想 -28.5% 前回 -52.0%(-52.1%から修正)(前年比)

【ユーロ圏】
ドイツ非製造業PMI・確報値(7月)16:55
結果 55.6
予想 56.7 前回 56.7

ユーロ圏非製造業PMI・確報値(7月)17:00
結果 54.7
予想 55.1 前回 55.1

ユーロ圏小売売上高(6月)18:00
結果 5.7%
予想 6.1% 前回 20.3%(17.8%から修正)(前月比)
結果 1.3%
予想 -0.2% 前回 -3.1%(-5.1%から修正)(前年比)

【英国】
非製造業PMI(確報・購買担当者景気指数)(7月)17:30
結果 56.5
予想 56.6 前回 56.6(CIPS非製造業PMI(購買担当者指数))

【米国】
MBA住宅ローン申請指数(07/25 – 07/31)20:00
結果 -5.1%
予想 N/A 前回 -0.8%(前週比)

ADP雇用者数(7月)21:15
結果 16.7万人
予想 120.0万人 前回 431.4万人(236.9万人から修正)(前月比)

貿易収支(6月)21:30
結果 -507億ドル
予想 -502億ドル 前回 -548億ドル(-546億ドルから修正)

ISM非製造業景気指数(7月)23:00
結果 58.1
予想 55.0 前回 57.1

米週間石油在庫統計(バレル・前週比)23:30
原油 -737.3万(5億1860万)
ガソリン +41.9万(2億4781万)
留出油  +159.1万(1億7998万)
(クッシング地区)
原油 +53.2万(5195万)
*()は在庫総量

【カナダ】
国際商品貿易(6月)21:30
結果 -31.9億カナダドル
予想 -5.7億カナダドル 前回 -13.3億カナダドル(-6.8億カナダドルから修正)

【ブラジル】
ブラジル中銀政策金利 未定(5日~6日までに発表)
予想 2.00% 現行 2.25%

+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《8/5 水曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【米国】
*トランプ大統領
いくつかの州は政府主導で再開を早く進めるべき。
多くの地域でウイルス感染の減少が見られる。
9月を通して病院を確保している。
金曜日の雇用統計は好結果となるだろう。
レバノンの爆発事故、支援の準備。
マイクロソフトによる買収はTIKTOKにとって良い切り札となる

*トランプ米大統領
バイデン氏との討論会を望む。
すでに討論会は行われているべきだが、彼らの準備は遅い。

*トランプ米大統領 
金曜日に「大きな」雇用の数字がでるだろう。
(米FOXニュースで)

*イエレン前FRB議長
FEDがフォワードガイダンスで金利を持ち上げること期待。
FEDは一層の債券を購入する計画を明示すべき。
インフレが一時的に2%超えること認めるべき。

*クラリダFRB副議長
コロナ感染拡大前の経済活動に回復するのは2021年末までかかるだろう。
景気見通しの基本シナリオ、第3四半期にリバウンドし始めるだろう。
政策枠組み見直し、いくらかの重要な戦略が進化すること想定。
強力な世界的ディスインフレ、金利低下圧力を認識している。
必要であれば、FEDが流動性供給を調整することにオープン。
(CNBCで)

【豪州】
*格付け会社S&P
豪ビクトリア州を格下げ方向で見直す「ウォッチネガティブ」に指定。

【日本】
*黒田日銀総裁
3月以降の緩和強化、効果を発揮している。
必要ならあらゆる手段を躊躇なく講じる。
多くの国が経済活動徐々に再開、状況は多少変わっている。
公衆衛生上の措置導入なら、経済再び大きく抑制される。
問題がソルベンシーにシフトし経済下押ししないか注意必要。
(日本経済経営研究所主催のイベント)

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【インド】
インド中銀政策金利 13:30
予想 3.75% 現行 4.00%

【英国】
英中銀政策金利 15:00
予想 0.10% 現行 0.10%

【ユーロ圏】
ドイツ製造業受注(6月)15:00
予想 10.1% 前回 10.1%(前月比)
予想 -18.5% 前回 -29.3%(前年比)

【ブラジル】
失業率(6月)21:30
予想 13.2% 前回 12.9%

【米国】
新規失業保険申請件数(1日までの週)21:30
予想 140.0万件 前回 143.4万件
+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

執筆者 山岡和雅

執筆者 : 山岡和雅|MINKABU PRESS 外国為替情報担当 編集長

1992年米チェースマンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)東京支店入行、ディーリングルームに配属され、外国為替ディーラーに。英ナショナルウェストミンスター銀行、RBS銀行などで10年以上外国為替ディーラーとして市場の最前線に。その後大手FX会社などで外国為替市場のアナリストとして個人向けの外国為替情報の配信業務に携わり、2016年3月から、みんかぶグループに参画。 (社)日本証券アナリスト協会検定会員

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 4
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 5
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC