NY原油 時間外取引 買い戻しがやや優勢も需要下振れ懸念根強い

商品 

東京時間10:22現在
NY原油先物3月限(WTI)(時間外取引)
1バレル=55.66(+0.07 +0.13%)

 時間外取引でニューヨーク原油は小幅高。前日まで続落した反動で買い戻しが優勢となっている。ただ、新型コロナウイルスの中国における感染者数は830人、死者は25人まで拡大したと伝わっており、事態が収束する兆しはみえない。石油需要の下振れが警戒されるなかで、原油価格の戻りは限定的。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標