P&Gが軟調 通期1株利益の見通し維持を嫌気=ダウ採用銘柄

株式 

 P&Gが軟調。1-3月期決算(第3四半期)を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回ったものの、通期の1株利益の見通しを維持し、予想を下回ったことを嫌気しているようだ。

 第3四半期の1株利益が予想を上回ったことから、通期の同見通しを維持したということは、第4四半期は予想を下回っていることを意味している。アナリストからは、通期のガイダンスが維持されたことで、第4四半期のコンセンサスを0.05ドル~0.10ドル下方修正したとの声も出ている。

 また、同社は原材料価格が上昇しており、一部の家庭用品の値上げ実施する計画を発表した。

(1-3月・第3四半期)
・1株利益:1.26ドル(予想:1.19ドル)
・売上高:181.1億ドル(予想:179.6億ドル)
  ヘルスケア:23.6億ドル(予想:23.6億ドル)
・実質売上高:+4%(予想:+3.58%)
  ビューティー:+7%(予想:+8.28%)
  グルーミング:+4%(予想:+2.89%)
  ヘルスケア:+3%(予想:+3.3%)
  ファブリック&ホームケア:+7%(予想:+3.97%)
  ベビー・女性・ファミリーケア:-1%(予想:+0.83%)
・フリーキャッシュフロー:34.3億ドル

(通期見通し)
・1株利益(調整後):5.53~5.63ドル(予想:5.68ドル)
・実質売上高:+5~6%(予想:+5.4%)

(NY時間10:00)
P&G 135.73(-0.88 -0.64%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC