米10年債利回り低下 パウエル議長は慎重姿勢を堅持=NY債券概況

債券 

米国債利回り(NY時間16:36)
2年債   0.109(-0.002)
10年債  1.350(-0.015)
30年債  2.187(+0.013)
期待インフレ率  2.174(+0.015)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場で米10年債利回りは低下。本日はパウエルFRB議長の議会証言が行われていたが、「年内の見通し改善が示唆されている」としたうえで、「目標に向け長い道のり。一段の進展には一定の時間がかかる」との従来の認識を繰り返した。市場が注目していた長期金利上昇については「成長とインフレの見通しによるもの」と述べるに留まり、特段の認識を示した印象はない。

 ただ、議長はインフレ自体について、向こう1年程度はベース効果もあり、大きく変動する可能性に言及しているものの、インフレ上昇が大幅になったり、持続的な上昇を見せるとは見込んでいない。インフレ自体にあまりタカ派な見方をしていない印象もあった。

 米10年債は1.34%付近に低下した一方、30年債はプラスで終了し、一時2.21%まで上昇。

 この日は2年債入札が実施されたが、反応は限定的。

 2-10年債の利回り格差は+124(前営業日+125)と本日はスティープ化が一服。

米2年債入札結果
最高落札利回り 0.119%(WI:0.118%)
応札倍率    2.44倍(前回:2.67倍)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標