セントルイス連銀総裁 2021年には通常よりもインフレ圧力が高まる可能性

要人発言 

・2021年には通常よりもインフレ圧力が高まる可能性。
・財政赤字拡大なら2021年にはインフレは2%の可能性。
・感染第2波が予測を支配するのは合理的ではない。
・政策金利は見通しに関係なく同じ。
・量的緩和(QE)の設定はいまは適切。
・QE変更について非常に忍耐強くなる可能性。
・FOMCは2%インフレを望んでおり、しばらくそこにある。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標