反落、米雇用統計発表後のドル高から修正安=NY金概況

商品 

NY金先物12 月限(COMEX)(終値)
1オンス=2028.00(-41.40 -2.00%)

金期近12月限は反落。時間外取引では、7月の米雇用統計の発表を控えて上げ一服となり、小反落。日中取引では7月の米雇用統計が事前予想より強気の数字となり、ドル高
となったことから利食い売りが先行し、修正安場面を迎えた。

MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

外為どっとコム 96

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 84

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

LIGHTFX 80

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

みんなのFX 79

ドル円 8
豪ドル円 8
トルコリラ円 22

LIGHTFX 72

ドル円 7
豪ドル円 7
トルコリラ円 19

DMM FX 54

ドル円 7
豪ドル円 5
トルコリラ円 ---
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC