米ドル/円、「逆ペナント型保ち合い」形成か

達人の予想 

日足・複合チャート観測では、米ドル/円は下値しっかりか

米ドル/円・日足・複合チャート
米ドル/円・日足・複合チャート

【注目ポイント】「逆ペナント型保ち合い」
【見通し】「109.374円」割れなら、下降モメンタムが強まる可能性も
【下値メド】「107円台ミドル」付近までの下押しもあり得そう

今月半ばに、昨年5月以来となる110円台前半まで上昇した米ドル/円ですが、足もとではやや失速気味の相場展開となっています。

上図チャートでは、1) 21日MA(移動平均線)が横向きであること、2) 遅行スパンがローソク足と絡み合う状態となっていること、3) ローソク足が21日MAおよび先行1スパン付近にあること、4) パラボリック・SAR(ストップ・アンド・リバース)がローソク足の上方にあること、そして、5) DMI(方向性指数)で+DI>-DIとなっている(別図赤色点線丸印)ことから、米ドル/円・日足・複合チャートでは、上下圧力が拮抗するレンジ相場となっていることが視認できます。

24日時点では、上記3)で記載した通り、ローソク足が約1ヵ月間における市場参加者の平均コストを示す21日MA(≒109.374円)付近で推移し、その下方には比較的分厚い青色の雲(=サポート帯、先行スパン)があることから、ある程度下値がしっかりとした相場展開となりそうです。

「逆ペナント型保ち合い」は下押しのサイン?

米ドル/円・日足チャート+トレンドライン
米ドル/円・日足チャート+トレンドライン

そんな中、米ドル/円・日足チャートを別のテクニカル視座で見てみると、もう一段の下押しを示唆するチャート形状となっている点には注意が必要でしょう。以下、「逆ペナント型保ち合い(もちあい)」のチャート形状につき、ご覧ください。

当該チャート形状は、「逆三角形型」や「ブロードニング・フォーメーション」といった呼び方もし、上値切り上げと下値切り下げが同時に進行することで、末広がりのメガホンのような形となっていることが特徴です。チャートのアナロジー(類比)分析上では、相場の天井(=マーケット・トップ)付近で形成されることが多いと言われています。

「逆ペナント型保ち合い」の傾向やパターンとともに、上述した日足・複合チャートを基に考察すると、これからの時間にかけて、ローソク足が21日MA(≒109.374円)を終値ベースで下抜けブレークした場合は、米ドル/円の下降モメンタムが強まる可能性も。

その場合は、「逆ペナント型保ち合い」の下値支持線をメドとする「107円台ミドル」(24日時点、別図黄色矢印)付近まで下押しする可能性について、事前に想定すべきでしょう。

執筆者 津田隆光

執筆者 : 津田隆光|マネースクエア チーフストラテジスト

(株)マネースクエア チーフストラテジスト。テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、M2TV「マーケットView」やラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のマーケットスクエア」に出演中。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

LIGHTFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資FX 92

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 90

ドル円 50
豪ドル円 26
トルコリラ円 44

みんなのFX 83

ドル円 50
豪ドル円 20
トルコリラ円 44

GMOクリック証券 73

ドル円 48
豪ドル円 23
トルコリラ円 29
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標