豪ドル売り優勢、豪雇用統計を映す=東京為替

中盤に入った東京外為市場では、豪ドル売りが優勢となっている。日本時間の午前10時30分に発表された5月の豪雇用統計では、失業率が前月と変わらずの5.2%となったものの、アナリスト予想が5.1%だったことから、豪ドルが売られた。また、正規雇用に比べ、非正規雇用の増加が目立っていることも嫌気された。豪ドル米ドルは、0.6927付近から0.6912近辺まで、豪ドル円は75.15付近から74.98前後まで下落する場面があった。その後、やや戻し、豪ドル米ドルは、0.6920付近、豪ドル円が75.05前後で取引されている。

AUDUSD 0.6920 AUDJPY 75.04

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 34
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX!(ワイジェイFX) 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 36
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 45
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標