IBMが決算受け下落 IT・システム部門の不振がクラウド需要を相殺=ダウ採用銘柄

株式 

 IBM<IBM>が下落しておりダウ平均を圧迫している。前日引け後に7-9月期決算(第3四半期)を発表。1株営業利益、売上高とも予想を下回った。同社は低成長のサービス部門をスピンオフする準備をしている中、今年は成長軌道に戻るという公約達成への課題を浮き彫りにしている。

 IT管理およびシステム部門の販売不振が、同社が好転への期待を抱いているクラウドへの旺盛な需要を相殺した格好。
 今回の決算を受けてアナリストは低成長のコンピューターサービス事業のスピンオフが近づいているため、第4四半期は“乱雑”になるとの指摘も聞かれた。中期的な見方に変化はないが、3カ月前と比べると短期的なリスクが高くなっている。人件費と維持費の高騰がまだ顧客に転嫁されていないことから、しばらく利益は圧迫される可能性を指摘している。

(7-9月・第3四半期)
・1株営業利益(調整後):2.52ドル(予想:2.53ドル)
・売上高:176.2億ドル(予想:178.3億ドル)
  クラウド・コグニティブ:56.9億ドル(予想:57.8億ドル)
  グローバル・ビジネス:44.3億ドル(予想:42.7億ドル)
  テクノロジー:61.5億ドル(予想:62.9億ドル)
  システム:11.1億ドル(予想:12.6億ドル)
・粗利益率(調整後):48.0%(予想:49.6%)

(NY時間09:41)
IBM<IBM> 132.68(-9.22 -6.50%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年2月5日(午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標