続伸、米国を中心とした需給の引き締まりを期待=NY原油概況

商品 

NY原油先物11月限(WTI)(終値)
1バレル=73.98(+0.68 +0.93%)

 ニューヨーク原油の期近は続伸。終値の前営業日比(速報値)は期近2限月が0.66~0.68ドル高、その他の限月は0.03ドル安~0.65ドル高。

 ハリケーン後の米国の生産障害のほか、コロナ後の需要回復もあって需給の引き締まりが続くと期待されている。米メキシコ湾岸の海上油田の減産を背景に米国の製油所はカナダ産やイラク産の原油を代用しようとしており、世界的な需給バランスも需要超過気味に推移するとみられている。中国の恒大集団をめぐる懸念が一時的に後退し、リスク回避が和らいでいることも支援要因。

 時間外取引で11月限は前日終値付近で小動き。通常取引開始後は72.81ドルまで弱含んだ後、買いが強まると74.27ドルまで上げた。中心限月として7月14日以来の高値をつけている。

MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年2月27日(土)午前1時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「16時〜25時の間」となりますのでご注意ください。

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC