アジア株 上昇、香港株は反発

株式 

東京時間18:01現在
香港ハンセン指数   26426.55(+231.73 +0.88%)
中国上海総合指数  3477.22(+29.23 +0.85%)
台湾加権指数     17623.89(+70.13 +0.40%)
韓国総合株価指数  3280.38(+43.24 +1.34%)
豪ASX200指数    7503.18(+28.70 +0.38%)
インドSENSEX30種  54404.45(+581.09 +1.08%)

 4日のアジア株は上昇。前日の米国株の上昇や7月の中国財新サービス業PMIが予想を上回ったことなどが好感された。香港株は反発。前日に6%超の急落となった騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が反発しており、ハイテク関連株中心に上昇した。上海株や香港株の上昇もアジア株の買いにつながった。
   
 上海総合指数は反発。太陽光エネルギー関連メーカーの隆基緑能科技、ウエハメーカーの三安光電、自動車メーカーの長城汽車、建設機械メーカーの三一重工、鉄鋼製品メーカーの内蒙古包鋼鋼聯、機器メーカーの国電南端科技が買われた。
   
 香港ハンセン指数は反発。通信関連サービスの騰訊控股(テンセント・ホールディングス)、医薬品メーカーの薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス)、電気自動車(EV)メーカーのBYD(比亜迪)、通信機器・部品メーカーの小米集団(シャオミ)、機械メーカーの創科実業(テクトロニック・インダストリーズ)が買われた。
   
 豪ASX200指数は小反発。資源・鉱山会社のBHPグループ、金採掘会社のニュークレスト・マイニング、石油・ガス会社のウッドサイド・ペトロリアム、石炭会社のホワイトヘイブン・コールが買われる一方で、医薬品メーカーのCSL、健康関連企業のアンセルが売られた。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ -5
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC