【これからの見通し】豪中銀の規定路線維持で豪ドル買い、ドル安の支援材料に

為替 

【これからの見通し】豪中銀の規定路線維持で豪ドル買い、ドル安の支援材料に

 きょうは米国関連のイベントの狭間の一日。昨日にISM製造業景気指数の発表を終えて、あすにはISM非製造業景気指数とADP雇用統計が発表される。きょうは製造業新規受注が発表される程度だ。

 そのなかで、米10年債利回りが1.20%の節目水準を下回っており、改めてドル売り圧力が広がっている。昨日の米ISM製造業景気指数が前回から低下したことや、原油価格が下落したこと、株式市場には高値警戒感で調整が入ったことなどが材料視されている。ただ、着実に進行する米債利回りの低下はやや謎めいている面もある。

 また、東京午後に発表された豪中銀理事会の結果が、豪ドル買いを強めている。前回の会合で決定された国債購入ペースを9月から現行の50億豪ドルから40億豪ドルに減額するとの内容が、今回もそのまま踏襲されたことが背景。事前のマーケットでは、新型コロナ感染拡大の影響を警戒して、減額措置が延期されるのではないか、との思惑が広がっていたようだ。

 このところ、ドル安圧力が継続しているが、きょうの豪ドル/ドルの急上昇がさらにドル売りを後押しする格好となっている。豪ドル/ドルが一時0.74台に乗せる動きとともに、ドル円は109円割れの方向へとじりじりと進んでいる。この後の海外市場では、米債動向をにらみつつ、ドル円が109円台割れをトライするのかどうかが注目されよう。

 経済指標の発表予定は、トルコ消費者物価指数(7月)、ユーロ圏生産者物価指数(6月)、ブラジル鉱工業生産(6月)、米耐久財受注・確報値(6月)、米製造業新規受注(6月)など。

 発言イベント関連では、ボウマンFRB理事がイベントであいさつを行う。米主要企業決算発表は、リフト、イーライリリー、アンダーアーマー、プルデンシャルなどが予定されている。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ -5
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC