ダウ平均は反落 ワクチンの朗報も調整が続く=米国株前半

株式 

NY株式20日(NY時間12:17)
ダウ平均   29326.52(-156.71 -0.53%)
ナスダック   11914.23(+9.52 +0.08%)
CME日経平均先物 25690(大証終比:+150 +0.58%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は反落。週初は最高値を更新したものの、その後は調整の動きが続いている。朝方にファイザーがきょうにもFDAに緊急使用許可(EUA)を申請とのニュースが流れるなど、ワクチン開発についてはポジティブな雰囲気が強まっている。

 しかし、市場の反応は冷静だ。12月後半にも接種開始とも見られているが、全体に普及するまでには時間がかかるとの見方も強い。各国で感染拡大が確認される中で足元の景気への警戒感のほうが増しているようだ。

 米大手銀が来年の見通しを発表してきているが、下方修正が相次いでいる。年前半は感染拡大が影響し、成長は抑制されると見ているようだ。

 FRBの緊急融資プログラムの延長の是非を巡りムニューシン米財務長官とFRBの意見相違が伝わっていた。長官は4つのプログラムの90日間延長を目指す一方で、他のプログラムは予定通り12月31日で失効させ、議会が中小企業の給与補償プログラム(PPP)など他の目的で支出できるよう、財務省への4550億ドルを返還するようFRBに要請した。FRBはこれに反論し、プログラムは極めて重要な役割を果たしていると主張。

 米財務省とFRBが表立って対立するのは珍しく、市場も反応していたようだが、朝方にムニューシン長官の発言が伝わっており、「自身はCARES法の意志に従っており、余力は十分に残っているので、中小企業への給与補償プログラム(PPP)に利用したい」と述べ、自身の考えを擁護した。

 銀行や産業が下落しているほか、IT・ハイテク株は大手IT株は戻り売りが強まっているものの、その他の銘柄には買いも入っており、ナスダックはプラス圏で推移している。

ファイザー 36.63(+0.44 +1.22%)

アルファベット(C) 1761.65(-2.27 -0.13%)
フェイスブック 270.85(-2.09 -0.77%)
ネットフリックス 484.90(+0.23 +0.05%)
テスラ 494.63(-4.65 -0.93%)
アマゾン 3118.18(+1.16 +0.04%)
エヌビディア 529.78(-7.83 -1.46%)
ツイッター 44.40(+0.78 +1.78%)

ダウ採用銘柄
J&J 146.67(-0.47 -0.32%)
P&G 139.65(+0.12 +0.09%)
ダウ・インク 54.90(-0.44 -0.80%)
ボーイング 201.92(-3.75 -1.82%) 
キャタピラー  172.05(-0.85 -0.49%) 
ハネウェル  201.69(-1.03 -0.51%) 
ビザ 204.94(-2.63 -1.27%) 
ナイキ 133.34(+1.43 +1.08%)
ウォルグリーン 37.23(-0.65 -1.72%) 
3M 171.48(-0.13 -0.08%) 
セールスフォース  262.12(-2.53 -0.96%) 
シェブロン 85.74(+0.01 +0.01%) 
コカコーラ 53.02(-0.11 -0.21%) 
ディズニー 141.64(-0.08 -0.06%) 
マクドナルド 214.71(-0.40 -0.19%) 
ウォルマート 151.40(-0.72 -0.47%)
ホームデポ 269.09(-1.84 -0.68%)
JPモルガン 114.45(-1.11 -0.96%)
トラベラーズ  133.00(-0.87 -0.65%)
ゴールドマン  223.51(-1.06 -0.47%)
アメックス 112.32(-1.82 -1.59%) 
ユナイテッドヘルス 334.27(-2.73 -0.81%)
IBM 117.11(-0.07 -0.06%)
アップル  118.12(-0.52 -0.44%)
ベライゾン 60.08(-0.13 -0.22%)
マイクロソフト  212.05(-0.37 -0.17%)
インテル 45.57(-0.06 -0.12%)
アムジェン 223.11(-1.38 -0.61%)
メルク 80.49(+0.10 +0.12%)
シスコシステムズ 41.15(-0.02 -0.05%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標