中華人民元 円

中国人民元/円

CNYJPY

移動平均線520120

スプレッドとスワップ情報

会社名 スプレッド 買スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック
SBIFXトレード

1.69 pips

6

1通貨 500
外為どっとコム

1.8 pips

10

1,000通貨 最大102,000
セントラル短資

1.8 pips

3

1,000通貨 最大330,000
 

※スワップは1万通貨の金額です。ランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨で表記しています。※表示しているスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは10,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。※最小取引単位は主要銘柄を取引する場合のデータとなります。ランド円やメキシコペソ円など一部の通貨は異なる場合がございますので、詳細は各FX会社のHPにてご確認ください。※2019年08月14日調査時点のデータです。

高機能チャートで見る

中国人民元/円 関連ニュース

中国人民元/円に関連する経済指標

発表 指標名 重要度 前回変動幅
23:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

-2.1pips

08/26 17:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

2.5pips

08/26 21:30 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

3.2pips

08/27 23:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

7.1pips

08/29 21:30 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

-2.3pips

全ての経済指標の予定をみる

※ 前回変動幅… 指標発表から10分間の米ドル/円変動幅

中華人民元の基本情報

特徴

2005年にそれまでの米ドルとの固定相場制度から管理変動相場制に変更し、同時に人民元の切り上げを行った。米ドル、ユーロ、日本円、韓国ウォンを主要な構成通貨とし、英ポンド、ロシアルーブル、シンガポールドルなど複数の通貨を加えた通貨バスケットの水準を参考に管理を行うものとされているが、その構成比率は公表されていない。毎朝、中国人民銀行(中央銀行)が発表する中心レートから上下2%を変動許容幅と設定し、そのレンジ内での取引を認めるという形をとっている。
実際にはドルの影響がかなり大きいとみられており、対ドル基準値の設定が当局の姿勢を示すものとして注目されている。

取引のポイント

トランプ政権樹立後の米国との通商問題を中心とした関係の悪化が注目されている。豪州などから資源を輸入し、加工したうえで米国へ輸出する加工貿易が経済成長を支えてきたが、その構図が変化する可能性がある。
豪ドルなど他の通貨への影響が大きいため、経済指標が比較的注目されているが、管理通貨制度の影響で、人民元の動きにはつながらないケースもあり要注意。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

みんなのFX 95

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)

セントラル短資 95

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)

パートナーズFX 94

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

GMOクリック証券 96

ドル円 67
豪ドル円 22
トルコリラ円 69

パートナーズFXnano 94

ドル円 70
豪ドル円 20
トルコリラ円 85

SBIFXトレード 93

ドル円 70
豪ドル円 22
トルコリラ円 71
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標