スイスフラン 円

スイスフラン/円

CHFJPY

移動平均線520120

スプレッドとスワップ情報

会社名 スプレッド 買スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック
サクソバンク証券

1.3 pips

-44

1,000通貨 -
みんなのFX

1.7 pips

-30

1,000通貨 最大50,000
SBIFXトレード

1.79 pips

-14

1通貨 500

※スワップは1万通貨の金額です。ランド円のみ10万通貨で表記しています。※サクソバンク株式会社のスプレッドは平均値となっており実際のスプレッドは変動制です。他のFX会社のスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは10,001~100,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。※2019/05/24調査時点のデータです。

高機能チャートで見る

スイスフラン/円 関連ニュース

スイスフラン/円に関連する経済指標

発表 指標名 重要度 前回変動幅
06/18 18:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

-0.6pips

06/19 17:30 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

-2.3pips

06/20 00:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

2.3pips

06/20 03:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar fill

0.1pips

06/20 20:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar fill

-4.2pips

全ての経済指標の予定をみる

※ 前回変動幅… 指標発表から10分間の米ドル/円変動幅

スイスフランの基本情報

特徴

積極的なマイナス金利政策を採用しており、金利水準は世界最低レベル。ユーロ圏や日本などが採用するマイナス金利は、金融機関が余剰資金を中央銀行に預ける際の中銀預金金利であるが、スイスは3か月物Libor金利の誘導目標を-1.25%から-0.25%とマイナス圏に設定している。中銀預金金利は-0.75%。
経済的に結びつきの強いユーロとの関係をスイス中銀は重視しており、かつてはユーロスイスの1.2000を防衛ラインに、永続的にユーロ買いスイス売り介入を実施するという政策を採用していた。外貨買い自国通貨売りの介入は、理論上は永久に可能なため、市場は当面この状況が続くと考えていたが、2015年1月15日にスイス中銀はいきなり介入を停止。同日ユーロスイスは一気に約30%のスイス高が進行し、スイスショックと呼ばれたパニック相場を引き起こした。
なお、永世中立国としての立場もあり、湾岸戦争や911の際には投資資金が逃避する対象として、避難通貨と呼ばれる役割を果たした。その後も、世界的なリスク警戒感が強まる場面では、買いが入る傾向があり、これを有事のスイス買いと呼ぶ。ただ近年避難通貨としての役割は日本円の方が大きくなっている。

取引のポイント

スイス中銀はスイスショック後もユーロとの関係を重視する姿勢を崩しておらず、対ユーロでスイス高が進むようだと、介入を実施するとの方針を継続している。そのため、ユーロと比較的近い動きをすることが多い。金利が低いため、スイス売りその他通貨買いの取引でスワップポイントを受け取ることができ、ユーロ売り局面でスワップポイントを狙える通貨となっている。

為替ニュース/コラム

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 34
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX!(ワイジェイFX) 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 36
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 45
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標