カナダドル 円

カナダドル/円

CADJPY

移動平均線520120

スプレッドとスワップ情報

データ更新日:2018/11/01
会社名 スプレッド 買スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック
サクソバンク証券

1.3 pips

23.0

1,000通貨 -
みんなのFX

1.6 pips

15.0

1,000通貨 最大50,000
SBIFXトレード

1.69 pips

46.0

1通貨 500

※スワップは1万通貨の金額です。ランド円のみ10万通貨で表記しています。※サクソバンク株式会社のスプレッドは平均値となっており実際のスプレッドは変動制です。他のFX会社のスプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは10,001~100,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。

高機能チャートで見る

為替ニュース/コラム

カナダドル/円に関連する経済指標

発表 指標名 重要度 前回変動幅
11/21 22:30 Star fillStar fillStar emptyStar emptyStar empty

-1.5pips

11/21 22:30 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

-1.7pips

11/22 00:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

-1.0pips

11/22 00:30 Star fillStar fillStar fillStar emptyStar empty

10.5pips

11/22 09:00 Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty

4.6pips

全ての経済指標の予定をみる

※ 前回変動幅… 指標発表から10分間の米ドル/円変動幅

カナダドルの基本情報

特徴

G7のメンバーでもある先進国でありながら、世界有数の資源国でもあるカナダは、先進国通貨と資源国通貨の両面を持っている。
カナダの原油生産は世界第6位、先進国で唯一の純産油国(輸出>輸入)で、原油・天然ガスの輸出が全体の13.9%(2016年)を占めるなど、カナダ経済の中で大きな位置を占めている。そのため、原油価格動向がカナダドルに大きな影響を与える。
また、原油以上に輸出シェアが大きいのが自動車及び同部門の16.9%。そのほとんどが米国向け。カナダの米国への輸出は輸出全体の75%を占めており、米国経済との結びつきが相当に強い(輸出先第2位は中国で4.5%と圧倒的に米国のシェアが大きい)。
米景気がカナダ経済に与える影響が大きいほか、トランプ政権との関係などがカナダドルに大きな影響を与える。

取引のポイント

原油相場との相関性が高いため、NY原油先物市場動向を要チェック。資源国ではあるが、金利は低いため、資源国通貨買いの流れには乗らないことも多い。カナダの雇用統計は米国の雇用統計と同日同時刻に発表されることが多く(1週ずれる場合もある)、両者が対照的な結果となった場合、ドルカナダの動きが大きくなりやすいことも要注意。

主要通貨レート

本日の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC