ドル円は様子見。ユーロドルも様子見で。

ついにEUの方針が決定され、ブレグジットは来週の英議会の採決で
『合意なき離脱』か『メイ首相とEUが合意した離脱案』かの二択となりました。
常識的にはメイ首相案が採択されると考えられるのですが・・・
そこは英国人。
EUに押し切られた、自分たちが2回も否決した案を採決で選ぶんでしょうか?
3度目の否決は『合意なき離脱』になります。週末の発言にも充分注意
すべきと考えており、イベントリスクは取らず指値は置きません。

皆様、良い週末を!

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標