手掛かり材料難でもみ合い 21400-21700のレンジ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

●18日のNY株式市場は金融株やエネルギーの上昇で3指数続伸。独大手のコメルツ銀行と経営再建中のドイツ銀行が統合に向け協議を進めると発表し、欧州市場で金融株が上昇した流れを受けて米銀株にも買いが波及。原油相場の上昇でエネルギー株が買われた他、25日の新製品イベントを前に新型iPadを発表したアップルが上昇し、しっかりの展開。「墜落事故を起こした機体の新制御システムの安全性を認証する際に問題がなかったか米当局が調査に乗り出した」と報じられたボーイングの下落や、投資判断を引き下げられたフェイスブックが下げたが、しっかりして引ける。

ダウ工業株    25914.10(+ 65.23)△0.25%
ナスダック     7714.48(+ 25.95)△0.34%
S&P500    2832.94(+ 10.46)△0.37%

●本日の日経平均は手掛かり材料な難でもみ合いと読む。CME日経平均先物の終値は2万1405円で、昨日の東京市場の日経平均終値2万1584円と比べ180円ほど安い水準。本日早朝の大阪取引所の日経平均先物終値は2万1400円。

●日経平均株価の節目
 ─────────
 2万1860円 直近高値(3月4日)
 2万1584円 昨日終値
 2万1454円 昨年3月末終値
 2万1423円 5日線
 2万1405円 CME日経平均先物
 2万1373円 25日線

●新規上場
 ────
 KHC   公開価格 850円
 ミンカブ    〃 1050円
 コプロ     〃 2090円
 
●今週の主な予定    

19日(火)
独ZEW景況感指数(3月)
米製造業受注(1月)

20日(水)
月例経済報告(3月)
英消費者物価指数(2月)
FOMC、パウエルFRB議長会見、経済予測公表
英政府、20日までに離脱案採決目指す

21日(木)
英中銀政策金利
米景気先行指数(2月)
EU首脳会議(22日まで)

22日(金)
日本消費者物価指数(2月)
米財政収支(2月)
米中古住宅販売件数(2月)

*予定は変更することがあります。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標