テスラ、「モデルY」発表も逆に現金への懸念が再燃=米国株個別

 テスラが3日ぶりに反落。きのう、マスクCEOがクロスオーバーSUVの「モデルY」を発表した。スタンダードタイプの価格は3.9万ドルからとなっている。ただ、市場ではその発売時期や予約の条件などから、同社の現金への懸念が再燃している模様。

 ハイグレードタイプの発売が2020年秋からと、まだ1年半以上先であることや、スタンダードタイプは2021年春と2年先になる。また、予約の際はデポジットとして顧客から2500ドルを徴収する。これは「モデル3」の時の1500ドルよりも65%高い金額となり、同社が現金を確保したがっている様子もうかがえる。

(NY時間12:38)
テスラ 278.26(-11.70 -4.03%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標