ユーロドルはECB理事会後の下げを回復 十分に織り込んだかは疑問=NY為替

 朝方発表になった米経済指標が弱い内容となりドル売りが強まる中、ユーロドルは買戻しが強まり、1.1345ドル近辺まで上昇している。21日線が1.1320ドル付近にあり上回って来ている。1.1370ド近辺に100日線が来ており、目先の上値メドとして意識される。

 今週のユーロドルは買戻しの動きを見せ、先週のECB理事会を受けた下げを回復している。ECB理事会は予想以上にハト派でユーロにとってはネガティブな材料となったが、果たしてユーロがECBのハト派姿勢を十分に織り込んだとは思われない。

 ドル買いが一服していることから、今週は買い戻しが見られているが、積極的に上値を追って行くような状況でもない。

EUR/USD 1.1330 EUR/JPY 126.41 EUR/GBP 0.8536

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC