ミシガン大指数受けややドル買い戻しも戻りは鈍い=NY為替速報

 日本時間の23時に発表になったミシガン大消費者信頼感指数の速報値を受けてややドルが買い戻されている。指数は97.8と予想を大きく上回った。消費者のセンチメントに大きく影響すると言われている米株式市場が買い戻されていることや、賃金上昇が続いていることから、年初に落ち込んでいた消費者のマインドも改善を見せているようだ。米政府機関閉鎖の影響も緩和されている。

 ただ、その前に発表になったNY連銀指数や鉱工業生産など米製造業のデータが弱かったことから、ドルの戻りは鈍い。

 ドル円は111円台半ば、ユーロドルは1.1330ドル近辺での値動きが続いている。

USD/JPY 111.47 EUR/USD 1.1332

ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)(3月)23:00
結果 97.8
予想 95.7 前回 93.8

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標