「★3月18日予想★」かろうじて上昇トレンド継続だが・・・

15日の日経平均株価は上昇しました。日系平均株価は前日比0.77%プラスの21450円85銭、マザーズ指数は前日比0.89%マイナスの923.96ポイントとなりました。為替が円安方向に動いたことや中国株が上昇したことを受け日経平均株価も上昇しました。

過去の統計データでは3月中旬は比較的株価が上がりやすい傾向が見られます。

2000年以降の全銘柄での検証結果では

勝率: 60.88 %
平均損益(率): 2.28 %
平均利益(率): 6.12 %
平均損失(率): -3.40 %

となっており、来週は株価が上がりやすい週と言えそうです。その背景としては、3月末の株主優待や配当狙いの買いが入りやすい時期だと考えられます。過去成績のよかった銘柄を見ても配当利回りが高い銘柄や株主優待が魅力的な銘柄の株価が上がりやすい傾向がみられます。来週は配当利回りが高い銘柄や株主優待が魅力的な銘柄を狙ってみる戦略もあり得るでしょう。

日経平均株価は15日の上昇で終値が5日、25日、75日移動平均線をわずかながら上回る展開となっていますが、各異動平均線ともに接近しており、トレンドの転換期だと考えられます。来週も注意して臨みましょう。18日の日経平均株価は下落トレンドに転換するのではないかと考えており大幅安(-100円~)とします。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標