通貨オプション ボラティリティー ポンド関連が引き続き高水準

通貨オプション ボラティリティー ポンド関連が引き続き高水準
 USD/JPY EUR/USD EUR/JPY GBP/USD
1WK 5.24 5.50 5.89 15.84
1MO 5.13 5.22 6.07 11.58
3MO 5.66 5.56 6.62 10.37
6MO 6.39 6.04 7.31 9.83
9MO 6.85 6.40 7.73 9.54
1YR 7.09 6.56 7.98 9.28

                   
 GBP/JPY AUD/USD USD/CHF
1WK 15.55 8.03 5.06
1MO 11.73 7.50 4.82
3MO 10.66 8.02 5.24
6MO 10.45 8.44 5.77
9MO 10.38 8.73 6.14
1YR 10.32 8.82 6.31
東京時間17:03現在 参考値

 ロンドン序盤、ポンドドルとポンド円の1週間はいずれも15%台と高水準。東京時間の17%近辺からは上昇一服となっている。来週の20,21日には英EU離脱関連の動きが予定されている。三度目のメイ政権EU離脱案の英議会採決、EU首脳会議など。ポンド相場は緊張状態が継続。その他主要通貨は低水準で落ち着いている。そのなかでは豪ドル/ドル1週間が8%近辺とやや高め推移。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標