200日線攻略失敗で焦点は110.00円の攻防に=外為どっとコム総研 神田卓也

【基調】
 下値模索

【目先の注目材料】
・2/15 米1月鉱工業生産、米2月NY連銀製造業指数、米2月ミシガン大消費者信頼感指数
 ・米長期金利、主要国株価

【本文】
ドル/円は、昨日発表された米12月小売売上高が予想を大幅に下回り約9年ぶりの落ち込みとなった事などから110円台前半へと反落した。チャート上では200日移動平均線の上抜けに失敗した格好で、昨日の急落前に付けた111.13円前後が目先の天井となる可能性もある。来週以降の相場展開を占う上で本日の終値=今週の終値に注目したい。

仮に110円台を割り込んでクローズするようだと、週足一目均衡表の雲の中に押し戻される事になる。加えて週足の型は長い上ヒゲが目立つ小陽線となる。万一、週足一目均衡表の雲を下抜けるようなら陰線引けとなってしまう。いずれにしても、来週以降の下押しを予見させるチャートフェースになるだろう。

一方で、110.00円を行使価格とする50億ドル規模のオプションが来週18日にかけて期限を迎えるため、110.00円は支えられるとの見方もある。オプションの防戦買いに支えられて、週足一目均衡表の雲上限(110.08円前後)より上の水準をキープできれば、来週以降の再上昇に向けた期待も残りそうだ。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC