ドル円、思惑買いから失望売り。

昨日のドル円は、110.98円で始まると東京時間、「米国が中国に対する関税期間を60日間延長する事を検討」とのニュースで進展期待が高まり111.12円まで上昇。ロンドン時間は111円を挟む小動き。NY時間、12月米小売売上高が予想0.1%に対し▲1.2%と下振れ、新規失業保険申請件数が弱い数値となると、110.50円まで下落。その後、米中通商協議に対するネガティブ報道・トランプ米大統領が暫定予算案に署名するがどうか不明との報道で、110.45円まで下落し110.52円でクローズをむかえた。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標