ポンドが下げ幅拡大 対ドルで100日線下回る 今週は投票なしか=NY為替


 NY時間に入ってポンドドルは下げ幅を拡大しており、1.2870ドル近辺まで一時下落。この日発表の10-12月期の英GDP速報値が成長鈍化を示したことでポンドは売りが強まっている。一旦買い戻しも見られていたが、再び下値を探る展開。きょうの下げでポンドドルは、先週の英中銀金融政策委員会(MPC)時にサポートされた100日線を下回っている。

 市場はEU離脱協議の最新動向を待っている状況だが、英首相報道官のスラック氏は「政府はできるかぎり早く議会での投票を実施したいと思っているが、今週はない」と述べていた。メイ首相は明日、離脱交渉の最新情勢を議会に説明するという。

 EUは依然として、離脱合意の再交渉を頑なに拒否しているようだ。バルニエEU首席交渉官のコメントが先ほど伝わっていたが、「再交渉は不可能」と述べていた。

GBP/USD 1.2870 GBP/JPY 142.15 EUR/GBP 0.8768

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC