米CPIでは「結構、揺れ動く」…!?

※ご注意:予想期間は1月12日と表示されていますが、本日(1月11日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


“108円割れのロスカットオーダー”を意識した動きは、早くも東京タイム序盤に発動しました。
しかし懸念された急落にはつながらず、欧州タイム序盤にかけて“107.771円”へと緩やかに下押すに留まりました。
このためその後は“持ち直し(巻き戻し)”に転じ、“108円台”へと値を戻していきました。

要因となったのは“テクニカル(107円後半でのサポートの存在)”と“堅調な株価(NYダウは5日続伸)”、そして“パウエルFRB議長発言”といえます。
特にパウエル議長の「景気後退リスクが高まる気配はない」「バランスシートを正常に戻したい」発言はドル買い戻しを誘った感があり、NYタイム終盤には“108.515円”へと上値を伸ばす場面も見られています。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標