日経225相場予想 米国の3Q決算発表で買われやすくなる(10/22週)

先週の日経225(TFX)は軟調に推移。週初22,791円で寄り付いた日経225(TFX)はムニューシン財務長官の発言が日米貿易摩擦を想起させたことや2019年の消費増税の実施が今後の景気減速が警戒されたことなどにより22,261円まで下落。
その後は米株の上昇を受けて23,200円まで値を戻すも上海株の下落で中国リスクが再燃したことや米国とサウジの関係悪化懸念などを受け22,359円まで下落。週末にかけて22,900台まで値を戻す展開となりました。終値は22,711円。

今週の主要な経済指標は図のとおりで、週後半に注目材料が集中しています。また、米国においては今週から11月第2週までは第3四半期の企業決算が集中しており、特に今週は23日のキャタピラーや3M、マクドナルドなど、24日にはボーイングなど、NYダウ構成銘柄でウェートの高い企業が、また、25日にはFANG銘柄のアルファベット(グーグル)やアマゾンが決算発表を控えており、政治動向や主要経済指標の発表に加えて決算発表が今後の株価の方向性を決定するものと考えられます。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

本日の重要経済指標