瓦落(がら)

「荒れる水曜日」は、木曜日の前場までというのがジンクスですが、昨日は「静かな水曜日」だったので、このまま静かにSQを迎えるかと思いきや、なんと朝から急落。
日経平均は一気に25日・50日・75日線割れ。ほぼ200日線に到達という急落でした。
ダウ輸送株、ナスダック、日経平均が200日線割れですから、水準的に底入れをするとしたら、もう底入れしておかしくない水準ではあります。
なんといっても、これまで主要米国株指数はたびたび200日線を割ったりすることがあったのですが、ナスダックが200日線を割るということは、あまりないことです。それが、昨晩それも一気に割ってきたというのは、これはかなり恐ろしい現象です。
問題は、まずは落ち着いたとして(週末にはショートカバーが入ってもなんら不思議ではない)、その後戻れるか、それとも底這いするか、はたまた下落トレンドが深化するか、これはまだわかりません。いつも最悪なケースを前提にポジション管理することが重要です。
日経平均は915円安の22,590円引け。ザラ場安値は23,051円までありました。

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

本日の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC