押し目買いのチャンス

20日の日経平均株価は小幅上昇しました。日経平均株価は前日比0.01%プラスの23674円93銭、マザーズ指数は前日比0.4%マイナスの1026.05ポイントとなりました。前夜の米国ダウ指数が上昇したことを受け日経平均株価の上げ幅も一時100円を超えましたが、引けにかけ上げ幅が縮小しました。

日経平均株価のテクニカル指標をみるとRSI(9日)が81%、ボリンジャーバンドでは-2σから-3σの間に位置しており、短期的には過熱感が出ています。短期的には調整があってもおかしくはないでしょう。ただそれほど大きくは下がらないと考えています。目安としては5日移動平均線の23336円あたりにとどまるのではないかと考えています。ただそれよりも下落し、過去のボックス圏の上値であった23000円を下回ってくると再度下落トレンド入りもあり得ますので注意が必要です。21日の日経平均株価の予想は小幅高とします。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

本日の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC

お役立ちデータ