もう一段の下落に備える局面

11日の日本株市場は下落しました。日経平均株価は前日比1.1%マイナスの21932円21銭、マザーズ指数は前日比1.1%マイナスの1029.70ポイントとなりました。米中貿易戦争の激化懸念から日本株は下落しました。

日経平均株価が下落したことにより再度7月5日につけた安値21462円を下回る可能性が出てきました。11日はなんとか5日移動平均線を下支えとして踏みとどまりましたが、今の株価の下落要因である米中貿易戦争問題は、簡単に解決する問題ではなく解決まで長期化すると考えています。そのため日経平均株価は近日中に7月5日につけた安値を更新するのではないかと考えています。

またマザーズ指数についても依然下落トレンド入りが顕著で、マザーズ指数も7月5日につけた安値991.50ポイントを下回る可能性が高いでしょう。

このように今の日本株は大型株、新興株ともに下落トレンド入りが顕著です。かりにどちらの指数とも前回の安値を下回った場合、もう一段の下落があると考えておいたほうが良いでしょう。このような下落相場では、株価が下がったからといって安易な買いは禁物です。買うのはしっかりと反発し短期的に上昇トレンドに転じてからでも遅くはないでしょう。以上より12日の日経平均株価は小幅安になると予想します。

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る