ドル円は押し目買い。ユーロドルは戻り売りで。

朝方は9時に110.399まで突っかけましたが110.30が割れると一斉にロングの利食いっぽい売りが入ってドル円は110.073まで下落する展開に。
しかしその後はじわじわと上昇し、戻り売りを吸収。110.25割れが非常に底固くなって午後3時過ぎに110.35を超えてからは完全にショートカバーの展開となりました。
110.50越えのストップも引っかけてその後はジリ高で110.741まで午後6時前にタッチしています。東京時間に高値を更新した米10年債利回りの影響が大きかったと考えられます。

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る