[5月16日版] 8連騰の反動はまだまだ続く?

5月15日の米国株市場は、弱気に推移しました。NASDAQ、NYダウ、S&P500など、まんべんなく下落しました。

NYダウが75日線を割り込まなかったものの、戻り売りが強まっている様子ですね。この売りをこなせないことには、本格的な上昇トレンド入りは期待できません。ですから、いまが正念場というふうにも思います。

さて、これからの展望についてですが、ここ最近はNYダウが8連騰するなど、一気に上昇したこともあり、短期的には利益確定の波が強まると考えています。14日の下落では、まだ売りこなせていないのではないでしょうか。日本株が弱気に推移したこともあり、米国株でもこの流れが続きそうですね。

NYダウ先物の動向を見ると、16日18時10分現在、対ダウ比で-54ドルとなっており、そこそこ弱気に推移しています。目先は短期的に、弱気に傾く可能性があるでしょう。動向に注意しつつ、弱気で臨みたいところです。

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る